georgeshannon.org > 車関連情報 > ボディーコーティング

ボディーコーティング ポリマー系 

ボディーコーティングには、成分の違ったたくさんの種類があります。

 

ポリマー系のものや、ガラス系やフッ素系様々なものが市場にあふれています。
車体の状態や、目的にあわせたコーティング剤を使用することで、最大の効果を発揮することができます。

 

ここでは、もっとも安価で取り扱いのたやすい、
ポリマー系のボディーコーティング剤の特徴を説明したいと思います。

 

ポリマー系コーティング剤について

 

ポリマー系の最大のメリットは、比較的安上がりなところです。
その割にツヤ出し効果は高く、市販でも販売していますので、自分でボディーコートを行うことができます。

 

しかし、被膜がやわらかいため、コーティング表面に傷がつきやすいというデメリットがあります。
また、メンテナンスを怠ると、劣化しやすく、油膜となってこびりついてしまう可能性があります。

 

ですが、メンテナンスをこまめに行う人や、費用を安く抑えたいと言う人にはベストのコーティング剤だと思います。

 

 

ボディーコーティングはワックスとは違い、比較的お金がかかります。

 

しかし、効果は非常に高いので、愛車を新車同様美しくしたいと考える人には、ピッタリの施工だといえるでしょう。

お役立ちリンク

ビジネスマンの間で、カバンと言えば、定番のTUMI(トゥミ)。今、それらが海外通販や個人輸入を通して購入すると、低価格でお求めいただけます。そのバッグ、スーツケースなど各種ビジネスバッグのTUMIの激安で買う方法を紹介しています。
TUMIの個人輸入・海外通販情報

 

中国国内におけるEC市場の取引総額約80%のシェアを占めている人気サイトであり、BtoB型サイトを確立したアリババグループが2003年に4.5億元を投資して設立したCtoC型を軸としたショッピングモール「淘宝(タオバオ)」のへの出店代行・運営サポートならチャイナドリームサポートへ
「淘宝(タオバオ)」のよくあるご質問はこちら

関連記事

 

ページの先頭へ