georgeshannon.org > 車関連情報 > ユーザー車検とは

ユーザー車検について

自分で陸運局に車を運び、車両検査を行う「ユーザー車検」。
ユーザー車検を行うと、車検代行費用にかかる約30000円程度の費用を抑えることが出来ます。

 

★ユーザー車検の内容

 

ユーザー車検の検査内容とは、外観検査から始まり、ブレーキやスピードメーター、サイドスリップ検査、ライト・排ガス検査、下回り検査などがあります。

 

これらの検査項目すべてを合格しなければ車検には通りません。
これらの検査は、チェッカー屋といわれる陸運局の近くにある整備場で行えます。

 

★ユーザー車検の様子

 

車検のライン検査では、スピードテスター、ブレーキーテスターの上に車両のタイヤを乗せて検査をやります。
ここではブレーキのかかり具合や、スリップしないかどうか、スピードメーターが正しく作動しているかをチェックします。

 

検査の順番は、

 

1 外観検査

 

2 ライン検査

 

3 ライト・排ガス検査

 

4 下回り検査

 

 

以上の順番になっています。

 

 

★自分で車検ができるととても便利

 

ユーザー車検を考えている人はあまりいないと思います。

 

車検は絶対に必要なものですので、ユーザー車検を覚えて代行業務として、ビジネスに発展させることもできます。
ぜひチャレンジしてみてください!

おすすめサイト

大阪吹田市の江坂でインプラント治療はこちら。やさしいインプラント治療であなたの歯を自然な状態に戻します。江坂のインプラントサロンやまぐち

 

大阪にある通信高校「エス・ウィン美容高等学院」なら卒業資格とメイクやネイルの資格がとれる!
卒業と同時に美容業界へ就職ができるよう全面サポート。
多くの卒業生が美容業界で活躍しています。
大阪の美容通信高校はこちら

関連記事

 

ページの先頭へ