georgeshannon.org > その他 > 会社設立 名古屋

名古屋で会社設立をする

会社設立が完了してもまだ終わりではありません。
会社設立後にも提出をしなければならない書類が多くあります。
以下の資料を提出しないと、会社設立後に会社を運営していくにあたってさまざまな支障がでてきます。

 

会社設立後、準備をしなければならない書類は大きく3つありますが、ここでは特に
「@税務署・県税事務所・市税事務所に対する届出書類」の中の税務署提出をしなければならない書類について具体的に説明していきたいと思います。

 

【提出書類(期限)】
・法人設立届出書(会社設立の日から2ヶ月以内)
・青色申告の承認申請書(会社設立の日から3ヶ月以内)
・給与支払事務所等の開設届出書(第一回給与支給日)
・棚卸資産の評価方法の届出書(会社設立第一期の確定申告の提出期限の日)
・減価償却資産の償却方法の届出書(会社設立第一期の確定申告の提出期限の日)

 

【提出先】
名古屋市内にある税務署は以下の通りになっています。
・熱田税務署(熱田区花表町)
・千種税務署(瑞穂区瑞穂町字西藤塚)
・中川税務署(中川区尾頭橋1丁目)
・北税務署(北区清水5丁目)
・中税務署(中区三の丸3丁目名古屋国税総合庁舎)
・中村税務署(中村区太閤3丁目)
・西税務署(西区押切2丁目)
・東税務署(東区主税町3丁目)

 

関連記事

 

ページの先頭へ